披露宴イメージ

披露宴の思い出について

これまでに披露宴は沢山お呼ばれされてきました。
親友の時もあれば、会社の同僚で付き合いで出席したものもあります。
その中でも思い出に残る披露宴は、いくつかあります。
また、結婚式のベストシーズンはいつでしょうか。詳しくはこちらhttp://www.theaudienceconference.com/index.html
まず親友の披露宴についての思い出です。
親友は悲しい別離のあと他の男性と結婚しました。
新郎はその時初めて会ったのですが、正直なぜこの人かと不思議でした。
親友はとても美人で社内ではとても有名でしたからもっと条件がいい人がいたんじゃないかと思ってしまったのです。
でも演出にビデオ上映があり、私の知らない二人の様子が見れてよかったです。
親友は外見だけではなく心も美しいことが再確認できました。
それは料理にもよく表れていました。
式場は古かったけど、施設代を抑えて料理や引き出物にまわしたんだと思います。
料理が豪華でびっくりしまいた。
私にもお車代も用意してもらっていたので、親友の心配りが嬉しかったです。
招待客は200人くらいでしたが、遠方の人が半分近くいたので宿泊代やお車代を出していたので費用は相当のものだと思います。
親友は母子家庭だったので、お母さんへの手紙を読む場面はすごく感動的でした。
しかし、地方ならではの下品な余興は苦笑というより苦痛でした。
新婦もあとからこっそり謝ってくれましたけど、親はどんな心境だったのか、想像にたえません。
私が親なら卒倒していたかもしれません。
しかし親友なら器が大きいので大丈夫だと確信しました。
その他に思い出に残るのは、幼馴染の披露宴に出席したときのことです。
呼んでくれてすごく嬉しかったです。
しかし、会場が町の公民館でした。
小学校の運動会の看板のようなものが掲げられていて、驚きました。
ティッシュの紅白の花が飾り付けられていて、手作り感満載でした。
料理も漬物や煮物が大皿に乗っていて取りはしが差し込んでありましたから、驚きました。
長テーブルとパイプ椅子でしたしから何から何まで、驚きの連続でした。
彼女は校内でも有名な美人で親衛隊と言われる人が大勢いたくらいの美貌の持ち主です。
新郎は美男子でしたからお似合いでしたが、会場がどうしてもチープでいまだに忘れられません。
結婚披露宴の会場選びも参考までに。
もちろん引き出物もアルミの鍋とお玉だったので帰ってからも驚きました。
様々な披露宴があるものです。
盛り上がったウェディング披露宴での余興こちらの記事も大変参考になるかと思います。

Copyright(C) 2013 ひろうえん.com All Rights Reserved.