披露宴イメージ

披露宴を行うか否かについては現在では選択肢も豊富であるといえる

一昔前であれば結婚するといえば披露宴を行う事が当然であるように言われていたかもしれません。
現在でも地域などによっては披露宴を行う事が絶対である所もあるかもしれませんが、最近では二人の判断や経済的な事情などによっては披露宴ではなく食事会のような簡易的な物で終わらせる事も増えているのではないでしょうか。
私自身も結婚をした時には、色々な事情があった為に身内だけの食事会のような形で済ませました。
写真だけはドレスなどをきて撮影をしましたが、それだけでした。
大規模な式をしなくても幸せになっている人は沢山いるでしょう。
しかし事情によっては式を行う事も出来ない経済的な事情という物も存在している場合があります。
お互いに親族などもしっかりといるにも関わらず、しっかりとした式を行う事も出来ない経済力しかない場合には、結婚生活においてもお互いにぎくしゃくしてしまう事になるのではないでしょうか。
自分自身が実際にそのような経験をした為、小規模であったとしてもしっかりと式を挙げる事の出来る結婚をする事が理想的ではないのかと考えています。
二人で綿密に計画をたて、後に式を挙げる事にしても良いでしょう。
どちらにしても式も行わないとなれば、それから生活をしていく中で非常に悲しい現実が待っている可能性もあります。
もしも離婚などになってしまった時には、結婚の事実も離婚の事実すらも近所の人は何も知らないといった事になってしまう場合もあるでしょう。
結婚をするという事は親族間などだけの問題ではなく、地域にも入っていくという事になります。
その為にある程度の規模の式を行い、地元の人も呼ぶなどして新しい家族を迎える事が必要なのです。
特に田舎の場合にはそういった事が必要なのではないでしょうか。
迎える側にとっては面倒な事かもしれませんが、嫁いだりする側にとってみれば新天地などのです。
人間関係を作っていく事から始める事になるにも関わらず、自分がまずどこの誰の人であるのかという事を誰も知らないのであれば非常にさみしい現実になってしまいます。
その事なども考えた上で、披露宴の有無を検討し、無理のないプランで決して見栄を張る訳ではなかったとしても行っておく事が無難であるかもしれません。
こちらの結婚披露宴で使える曲も興味深いです。是非ご覧ください。

Copyright(C) 2013 ひろうえん.com All Rights Reserved.